PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年6月29日

あなたが生まれて来た理由

梅雨らしいお天気が続きますね。

写真は最近買った、お気に入りの
ハンモックです。

びわ湖岸のお気に入りの場所に
設置して、自然の中でゆらゆら揺られて
ぼ〜っとしたり、好きな本を読んで
過ごしています。

あまりにも気持ちよくて
こんな素敵な空間を独り占めするのは
もったいない!!と思って、

今、「ハンモックカウンセリング」を考えています。

自然のなかで、風の音や岸に打ち寄せる
水音や、鳥の鳴き声に身をゆだねて

ハンモックの心地よい揺れや布に包まれる
感触を感じながら、五感を解放して

閉じ込めた思いや胸にたまった感情を
自然にお話ししてもらう。

カウンセリングっていうより
「ハンモックでおはなし」っていうイメージです。

陽ざしが落ち着く秋頃から始めようと
思います。

またそのときは、このブログでお知らせしますね。

***

さて、今日は
「あなたが生まれてきた理由」です。

ちょっと大げさなタイトルに感じる人も
いるかもしれませんが、よかったら
目を通してみてください。

何かを感じていただけたら
と、思います。

***

あなたは誰かの役に立つために生まれて
きたのではありません。

あなたは誰かを喜ばせるために生まれて
きたのではありません。

あなたは誰かのストレス発散の道具に
なるために生まれてきたのではありません。

あなたは誰かの八つ当たりの道具として
生まれてきたのではありません。

あなたは誰かの自慢のアイテムになる
ために生まれてきたのではありません。

あなたは誰かを助けるために生まれて
きたのではありません。

あなたは誰かの愚痴を聞くために生まれて
きたのではありません。

あなたは賢くしていないと愛されない存在
として生まれてきたのではありません。

あなたは役に立つために女に生まれてきた
のではありません。

あなたは子どもを産むために生まれてきた
のではありません。

あなたは誰かを養うために男に生まれて
きたのではありません。

あなたは生まれたとき、自分のすべてを
受け入れ受け止めてくれると当然のように
思って生まれてきました。

でも、あなたが思うような形の愛を示して
もらえなかったかもしれません。

そして、深く深く傷つき、あきらめ、
すねてしまったかもしれません。

あなたはいい子でいるために生きているの
ではありません。

あなたは誰かの人生の責任を取るために
生きているのではありません。

あなたは誰かが少しでも幸せに生きやすく
なるために生きているのではありません。

あなたは何かが出来るから生きていてよくて
何かが出来ないからいなくてよい、という
ことではありません。

あなたはあなたのために
生きているのです。

あなたが一緒にいたいと思う人と一緒に
いて

あなたが喜ばせたいと思う人を喜ばせて

美味しいものを食べて

行きたいところに行き

見たい景色を見て

身を置きたいところに身を置き

自分が幸せを感じるように

嬉しいと感じるように

生きているのです。

生きていいのです。

あなたは自分を生きるために
存在しています。

あなたはあなたの幸せのために
生きています。

生きていいのです。

私はそう思います。

あなたは、いかがですか。

Posted 足立信子 : 07:47 | あなたが生まれて来た理由 |

Page Top

2017年6月12日

どう見られたいか どういう人だと思われたいかより 大事なこと

この週末はイベントや

新しく始めようと思っていることの

準備などで

あっと言う間に時間が過ぎました。

大勢の人とわいわいするのも好きですが

基本、一人で静かに過ごすのが好きです。

それと、2〜3人でゆっくりじっくり

お話しするのも大好きです。

4人以上になると、聞き役になっている方が

落ち着きます。

そんな性格もあるのか

いまだに人目が気になることが
あります。

「どういう風に思われてるんだろう。」、
「なんて言われてるんだろう。」って。

ちなみに昔のわたしは、

「〇〇な人」だと思われたいと思って
それに合わせに行って
一生懸命がんばって

自分の発言や行動や振る舞いを
自分で見張って

「多分こういう人はこういうとき
こうするだろう。」と思って

それを「演じ」て、

それが成功して
「〇〇なひとだよね。」って
目指したとおりの印象や
評価をしてもらえて、ホッとする。

そして、それを保つために
ずっとずっと演じ続けないと
いけなくなる。

そうしないと、演じて作り上げた自分を
「いい。」と言ってくれる人が離れていく。

それはとっても怖いから
やっぱり演じ続ける。

そんな風にして過ごしてきました。

いつも自分にダメ出しをして
責めて、見張って、
「こういうときはこうするべき。」と
自分に言い続け

そういう私の「べき」を平気な顔で
守らない人がいるとイライラして
眉間にしわを寄せて過ごしていました。

もちろん今もイライラすることは
ありますが、何かをするときに、

人の目や評価は気になりつつも
自分が「したい。」「やってみたい。」
と思ったことを、引っ込めることなく

やるようにしています。

心臓はバクバクしますし
変な汗がでることもありますけど(笑)、

一度やってみると、少しずつ少しずつ
やれるようになってきます。

自分が無理やり周りに合わせていた
ときとはまったく違って、すがすがしい
気分になります。

結果がうまくいくかどうかはまったく
関係なくて、

「あ〜、ちゃんと自分の思いを出して
あげられてすっきり!!」っていう
感じです。

なんか言ってきたりするひとも
いるかもしれませんが、そのひとは
あなたの人生の責任をとってくれる
わけでもなく

言ってみれば外野の一人です。

無視してもいいですし
「なるほど。」と思えば耳をかたむけても
いいですし、

聞くか聞かないかは、あなたが決めて
いいのです。

今までのパターンをすぐにスッキリ
変えるのは難しいと思うので

「あ、また合わせに行ってる!?」って
気付いたら、少しずつ少しずつ
やってみませんか。


【公開お悩み相談】も引き続き
受け付けてます。


過去のお悩み相談はこちらからどうぞ。

Posted 足立信子 : 07:31 | どう見られたいか どういう人だと思われたいかより 大事なこと |

Page Top

2017年6月6日

まず、自分を責めるのはやめよう、と決めよう。

私の住む滋賀県高島市は

琵琶湖に面していて

山も川も里山もあり

本当に自然が豊かです。

今の時期は田植えが終わった田んぼ
から、テレビの音が聞こえにくいぐらい
カエルの合唱が聞こえます。

朝は、空の高いところで鳴く
鳥のさえずりが響いてきます。

この写真も、市内で撮りました。

もうすぐ梅雨入りかな、というお話が
ちらほら聞こえてきますが

それまでは今の気持ちのいい季節を
楽しみたいな、と思います。

今日は、
「まず、自分を責めるのはやめよう、と
決めよう。」です。

あなたは、普段、どんなことで自分を
責めていますか。

人とうまくやれない

テキパキできない

臨機応変に対応できない

人と比べて落ち込む・・・。

きっと、あなたがよく落ち込む「ネタ」が
あると思います。

「ああ、またダメだった。」
「また、出来なかった。」って。

でもその自分責めを、今から
「やめよう。」と決めましょう。

やめられるか、やめられないかは置いて
おいて、今は「決める」だけでOKです。

もし自分を責めることがあっても、
「いつまでも責め続けない。」と決めましょう。

責め続けたところで、すぐに何かが出来るように
なったり、既に起こったことがなかったことに
なる訳ではありません。

いったん、開き直っちゃいませんか。

もしかしたら、そのときは、そうするしか
なかったのかもしれません。

やっちゃったことはやっちゃったことで
もう今からどうしようもないことも
あります。

今、あなたができないことは
今できないだけなのです。

自分を責め続けるのではなく、
一旦開き直って、今の自分を受けとめて、
「今は、できないじぶん。」を認めましょう。

ここで大事なことは、
あなたが何かが出来るとか出来ないとかは
あなたの価値にはまったく関係がないと
いうことです。

あなたという存在の価値とは
全然関係ありません。

だから、そこで自分を責めないで
ください。

何かができるから存在しててよくて
何かができないから存在していては
いけない、ということではないんです。

それとこれとは、まったく次元の違う
お話しです。

なんだかまとまらなくなってきましたが、

自分を責め続けててもキリがなくて
どんどん、どんどん、深く深く
つらくなります。

だから、もし責めることがあってもいいので
いつまでも責め続けるのはやめて
自分でキリをつけましょう。

「ハイッ、もうここまで!」って
終わらせましょう。

そして、いったん出来ないじぶんを
受け入れて

そのうえで、「じゃ、これからどうしようかな。」と
考えてみましょう。

それを繰り返していると、きっと少しづつ
切り替えができるようになってくると
思います。

まずは、決めちゃいましょう!

【公開お悩み相談】も引き続き
受け付けてます。


過去のお悩み相談はこちらからどうぞ。

Posted 足立信子 : 12:58 | まず、自分を責めるのはやめよう、と決めよう。 |

Page Top