PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2018年3月7日

どうしても受け入れられないことを、受け入れる方法

生きていると自分の思いも
よらないことが起こることが
ありますよね。

「なんで」

「どうして」

「嫌だ」

「そんなの受け入れられない」

「そんなの受け入れたくない」

「あのとき、ああしなければ
こんなことにならなかったかもしれないのに」

「どうしたらこれを無かったことに
できるだろう。」

そうして悶々と考えて堂々めぐり・・・。

どうしたら
どうしても受け入れられないことを、
スッと受け入られるようになるのでしょうか。

「そんな方法あったら、私が教えて欲しいわ!」
と思いながら、ここ数ヶ月過ごしておりました(笑)

詳細は省きますが、

どんなに考えても
どんなにもがき苦しんでも
それを無かったことにする方法は見つからず

現実は自分の思いや願いとは関係なく
進んでいく。

歯がゆい思いをしていてもなすすべもなく
現実は進んでいく。

段々とあがくことに疲れ、ブログを書く元気も起きず
無気力に過ごしていました。

そんな中でも私がなるべく心がけていたことが
ひとつあります。

それは、受け入れられない自分、前向きになれない
自分をなるべく責めないこと。
(と言っても、責めてましたが。)

ブラックな自分の気持ちをなるべく否定しないこと。
(と言っても、否定してましたが。)

できる範囲で

無気力になることを自分に許しました。
受け入れられない自分を許しました。
前向きになれない自分を許しました。

そして、親しい友人に自分のブラックな気持ちを
正直に聞いてもらいました。

「こんなこと言ったら、ドン引きされて人間性を
疑われて、離れて行ってしまうかもしれない。」

「そんな人やと思わんかった。」

そう言われるのがとても怖かったのですが
こわごわ聞いてもらいました。

友人は、私の話を否定することなく
聞いてくれました。

それだけで、私はとても救われました。
否定せず聞いてくれた友人に心から
感謝しました。

ただ聞いてくれるということがどんなに
ありがたいか、あらためて自分が感じることが
できました。

聞いてもらっても、今かかえている問題が
すぐに解決したり
無かったことにはなりません。

でも、堂々巡りしている自分の思いが
とりあえず一旦、着地して地に足がついた
感じがして、少し落ち着きました。

今も私が抱えている「受け入れられないこと。」は
絶賛、継続中です。

「あのときああしなければ、こんなことに
ならなかったのに・・・。」と自分を責めることも
まだまだあります。

でも、あのときはあのときで色々考えて
そのとき「最善(ベター)」だと思ったことを
選択したんだろうなぁと思っています。

受け入れられる日がいつくるのか分かりません。
受け入れられないままかもしれません。

「これも流れだからしょうがない」
「今の状況を面白がってみる」

そんな風に思えればどんなに楽だろうと
思いますが、今の私にはまだまだ無理な
ようです(笑)

でも、そんな受け入れられないダメな自分を
受け入れながら、しばらく過ごしていこうと
思います。

また、ブログ書きますね。
今日もお読みいただきありがとうございました。

***

☆カウンセリングをお考えいただいている方へ

下記をクリックして日程のご確認をお願いします。


☆今後のカウンセリングの予定について(一旦休止のお知らせ)

Posted 足立信子 : 12:05 | どうしても受け入れられないことを、受け入れる方法 |

Page Top

2018年3月5日

☆今後のカウンセリングの予定について(一旦休止のお知らせ)

お知らせです。

事情によりまして

今後のカウンセリング(面談、電話、メール)
につきましては

2018年5月末日実施分にて、一旦休止
させていただきます。

また再開の際は、当ブログにてお知らせ
いたします☆

ブログは、ちょこちょこ更新して行きたいと
思います。

カウンセリングをご検討いただいている方に
つきましては、お早めのお問合せ&ご相談を
お待ちしております。

Posted 足立信子 : 16:42 | ☆今後のカウンセリングの予定について(一旦休止のお知らせ) |

Page Top