PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2019年5月24日

☆上機嫌のコツは、なるべく気持ちを残さないこと☆

イライラしてたり、余裕がないときの原因って、
まずはこれを疑ってみてください♫

1.疲れている
2.寝不足
3.お腹が空いている
4.生理前(女性に限る)

1疲れている、2寝不足の場合は、
とにかく休みましょう。15分でも
いいので寝ましょう。

普段、意識してないかもしれませんが、
ほんと、この1と2をおろそかにすると、
いつもはどうってことないことで
ミスしたり、イラッとしたりします。

3お腹が空いている、これも重要です。
人によって影響度合いに差があるかも
しれませんが、これも原因のひとつの
場合があります。何かお菓子とか、
パンとか、とりあえず手近にあるものを
口に入れましょう。

時間に余裕があるなら、その時に
食べたい物を、食べに行きましょう。
それだけで、だいぶ落ち着きます。

4生理前。これは、女性ならではで、
なんとかしようと思っても、根本的には
どうしようもないので、
「あぁ、今はこういう時期だな。」と
降参して、なるべく人と会わないように
するとか、予定を入れないように
するとか、自分が反応しやすい事から
距離をとるようにしてみてください。

意識するだけでも、だいぶ変わって
くると思います。

で、1.2.3.4のどれにも該当しない
場合はどうしたらいいの?
ということなんですけど、そのほとんどの
場合が
「物事が自分の思うようにならない。」
ということが原因です。

悩みのほとんどは、人間関係が原因である、
と言われてるとおり、相手のあることは、
自分の思い通りにならないことも多くて、
イライラしてしまいがちです。

イライラしたり、モヤモヤしたり、
後悔したりするときって、
「あのとき、ああしておけばよかったな。」
「あの言い方はないよね。」
「なんで、分かってくれないんだろう。」
「今度のあの予定、行くの嫌だな。」とか、
過去に起こったことと、これから起こること
に対して思うことがほとんどです。

過去に、何か言われたり、されたりてして
嫌だったら、なるべくその時や、次の機会
でもいいので、言葉で相手に伝えてみませんか。

自分がどう感じたのか。
自分が大切にされていないように感じて、
悲しかった、寂しかった、残念だった。

一度は、行くと言ったけどやっぱりやめておく
って勇気を出して言いませんか。

「なるべく気持ちを残さない」っていうのは、
過去は過去のその時点で、
未来はその未来がやってくる前に、
なるべく自分の気持ちに正直になって、
その時どんな風に感じたのか、
これから本当はどうしたいのかを、
思い切って相手に伝えるってことなんです。

そのときそのときに、気持ちを残さず、
相手に伝えてみる。嫌なら正直に断ってみる。

伝えてみても、相手があなたの思い通りに
動くとは限りません。
相手にも相手の都合や感情や価値観があります。

それでも、まずは自分の思いを伝えてみませんか。
これ、やってみるとスゴくスッキリします!

今まで自分の気持ち言わないように
して来た人ほど、スッキリします!

まずは、自分の正直な気持ちを口に出すこと。
言いにくかったら一人のときに、
練習しましょう。

そして、本当に相手に言うことができたら、
もう100点です!あとのことは、
またそのときに考えましょう。

まずは、自分の思いを伝えてみる。
それが出来たら自分を褒めてあげましょう。

それを続けていくと、心に残るモヤモヤが
段々少なくなって、イライラすることも
減ってきます。

またイライラしたら、
「あれ、私、また何を我慢してるんだろう。」
って気付きやすくなります。

どうせなら、笑顔で過ごす時間が長い方が
いいですよね。

最後に、こんなこと言うと、身も蓋も
ないんですけど、どうしたってイライラ
するときは、イライラします。

だって人間だもの(笑)。しょうがない。

そんなときは、人のいないところや、
心の中で、
「あ〜、もう〜イライラするっっっ!!」
って叫びましょう。

※※※

【育児で引きこもりぎみで、孤独でつらい
お母さんが、笑顔になれる出張プチカウン
セリング】始めます☆

Posted 足立信子 : 12:25 | ☆上機嫌のコツは、なるべく気持ちを残さないこと☆ |

Page Top