PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2020年4月18日

コロナストレスを吹き飛ばそう!

頑張ってるあなたへ応援企画
【そのイライラ、おもいっきり愚痴ろう!】

愚痴ってスッキリしましょう!

今は、自粛、自粛で、どこへも出掛けられずに家にいて、
自分も家族もイライラ。

仕事も休業で、先行きも不安。

普段なら気分転換に、ぶらっと買い物やカフェに行けたけど、
今はそれも自粛。やり場のないイライラがたまるばかり。

イライラしても、しょうがないって分かってても、
つい、きつい言い方したりしちゃいますよね。
そんな自分にまた、イライラ。

人間、思い通りに動けなかったり、
ひとりの時間が持てなかったり、
疲れたりするとイライラするのは当たりまえ。

そんな中でもイライラしないように頑張ってる自分を、
まずはねぎらいましょう。

そのためには、まずは溜まったイライラを
吐き出すことがとても大事。

イライラをまずは吐き出してスッキリしましょう。

スッキリしたら自然と気持ちが軽くなります。

すると機嫌よく過ごせて、周りへの態度も変わります。

周りもそれにつられて段々穏やかになります。
結果、お互いに気分よく過ごせます。

今回は、カウンセリングではなくて、
ただただ愚痴を聞きます。カウンセラーであり、
聴くプロの私に溜まっているものを吐き出しませんか。
お電話でじっくりお話をお聞きします。

☆期待できる効果☆

気持ちを言葉にすることにより、
何にイライラしているのか、客観的に
気付くことができる。

気付くことができれば、今の環境の中でストレスを
緩和する方法を考えることができる。

実行すれば、すべてのストレスを無くすことはできなくても、
減らすことができます。

【お問い合わせ・申し込み】
メール info@blanket-shiga.com
電話 090-8239-6221
【料金】50分 3,000円
【支払方法】事前に銀行振込(振込先はご予約の際にお伝えします。)
【実施方法】電話
【電話料金】ご負担をお願い致します。



Posted 足立信子 : 16:29 | コロナストレスを吹き飛ばそう! |

Page Top

2020年4月8日

出来ることと出来ないことを、分けて考えよう

予想もしないことや、受け入れられないことが起こると、
混乱してパニックになりますよね。

そんなときは、出来ることと出来ないことを、
分けて考えてみましょう。

いったん整理してみましょう。

まず、ペンと紙を用意してください。

紙を三つ折りにして、折れ目に線を引いて、
3つのスペースに3等分してください。

そして、左右どっちがどっちでもいいので、
大まかに、「出来ること」と「出来ないこと」を
分けて書いてみてください。

例)左 出来ること
右 出来ないこと

真ん中のスペースは、何も書かずに
あけておいてください。

出来ることと出来ないことは、ここでは、
おおざっぱでいいので直感で書いてみてください。

頑張ればできるけど、頑張りたくないな、
とか、迷うことは、真ん中に書いてください。

ある程度、書き出せたらいったんペンを置いて、
全体的に見てみてください。

「出来ること」に書いたけど、やっぱりしんどそう、
あとあと負担になりそうと思う物があれば、
真ん中のスペースに書き直してください。

「出来ないこと」に書いたけど、出きるかな?
と思うものがあれば、それも真ん中に書き直して
ください。

これを、自分がしっくりするまで
何度かやってみてください。

これで、まずは、
・出来ること
・出来ないこと
・どうしようかな?

と思うことの3つに分けることができました。

これをするだけでも、漠然と考えてパニックなって
いたのが落ち着きます。

その次は、真ん中に書いた「どうしようかな。」の
項目に書いたものについて考えます。

これ、何かや誰かの力を借りて、出来るように
なりませんか。

・便利グッズを使う(便利家電とか。)
・それが出来そうな人に、方法を聞いてみる
・手を抜く(精度を下げる)
・頻度をさげる
・出来る人に助けてもらうなど

それでもダメなら、出来ないと割り切る。

そして、いったんこれで動いてみましょう。

実際にやってみて、出来ると思ったけど
予想以上にしんどかったら、真ん中の欄に
書き直して、何かや誰かの力を借りられないか
考えてみる。それでもダメなら、出来ないと割り切る。

出来ないと割り切るには、誰かの力を借りるだけでは
もうムリで

全面降伏して、
「スミマセン、できません。助けてください。」
っていうのも含まれる。

これを繰り返すと、紙に書かなくても、
自然と頭の中で出来るようになります。

出来ないことがあると、「なんて自分はダメなんだ。」
って自分を責めがちになるけど、出来ないことなんて、
あって当然。あたりまえ。

例えお金がかかっても使えるものは使って、
借りられる力は借りよう。

あなたが機嫌よく過ごすことが、世界で最重要事項です!

Posted 足立信子 : 10:51 | 出来ることと出来ないことを、分けて考えよう |

Page Top

2020年4月7日

いったん認めてしまおう

いったん認めてしまおう

親に愛されなかったこと。
親に愛されたと思えないこと。
気持ちを分かってもらえなかったこと。
ここに、いていいんだと思えなかったこと。

親だって親なりに・・・。
親だって色々大変だったから・・・。
親だって子供のときに自分の親から・・・。

私が気にしすぎなのかも。
私が敏感過ぎるだけなのかも。

そうかもしれないし
そうじゃないかもしれない。

絶対的な正解って、ない。

そうかもしれないし、
そうじゃないかもしれない。

中途半端に自分を責めて
いつまでもしんどいなら

いったん認めよう

私は親から愛されたと思えないって。

親の気持ちとか、親の状況とかは、
とりあえずいったん横に置いておいて

自分が感じてることだけ、感じてみよう。

私は親から愛されたと思えない。
親から愛されなかった。

それをいったん認めてしまおう。

今、あなたが「親に愛されなかった。」と
感じてることは間違いじゃない。

だって、あなたがそう感じたんだもん。
そう感じた。
ただ、あなたがそう感じたなら、それでいい。

認めたくないけど、認めてしまおう。
私は親から愛されなかったと。

それができて、はじめて自分と向き合える。

親から愛されなかったから、
今の私は仕事もうまくいかない。

人間関係もうまく行かない。

うん、そうだね、そうかもしれないね。

うん、うん。

じゃあ、あなたは、これからどうする?
どうしよう?

親に愛されなかったなら、誰に愛してもらう?
その寂しさを誰に埋めてもらう?

恋人?
配偶者?
友達?

たぶん、100%あなたの思うようには
埋めてくれないよ。

これからは自分で自分のこと、愛してあげよう。
自分で自分のこと、守ってあげよう。
自分で自分のこと、いたわってあげよう。
やりたくないって思うこと、やらせるのはやめてあげよう。
やりたいこと、やらせてあげよう。
欲しいもの、ちゃんと欲しいって言葉に出して
言わせてあげよう。

自分の中の自分は、どうしたがってる?
本当は、やりたくない、本当はやりたい、本当は欲しい。

その本音をまずは、聞いてあげよう。
そして、少しずつでいいから
それを叶えてあげよう。

小さな頃、親に叶えてもらえなくて、
悲しい思いやつらい思いや、寂しい思いをしたね。

それを、今度は大人になったあなたが、今、
叶えてあげよう。小さな昔の自分の親になってあげよう。

そうか、つらかったね。
悲しかったね。
寂しかったね。
それが欲しいんだね。
そうしたいんだね。
それは嫌なんだね。

そうやって、育てあげよう。

あなたはあなたのままで、だいじょうぶ。
だからもう、怖がらないで、少しずつ
本音に気付いてあげよう。


Posted 足立信子 : 12:04 | いったん認めてしまおう |

Page Top