PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2015年9月15日

あなたの人生脚本は?

ドラマやお芝居には「脚本」があります。

そして、あなたの人生にも「脚本」があります。
それを「人生脚本」と言います。

人はみんな、自分の人生ドラマの主人公です。

今までの人生を振り返ってみて、進学先、就職先を決めるとき、
あなたは自分で選んで決めてきましたか。

親に反対されたけど、自分の意思を通したという人もいるでしょうか。
それとも、自分では決められず、親や先生のアドバイスに従う形で決めた人もいるでしょうか。

人は、生まれて物心がつき、大人になるまで、親、兄弟、親戚、友達など、
周りの影響を受けて育ちます。そして、価値観を築きます。
この価値観には、自分に対するイメージも含まれます。

その価値観は、自分の「常識」となり、何かを判断したり行動する際の基準になります。
そして、知らず知らずのうちに、その脚本どおりに行動してしまいます。

この「人生脚本」は、人によって様々です。
問題がなければいいのですが、何か、いつもトラブルに見舞われたり、うまくいかない
ことが多いと感じるなら、少し見直した方がいいのかもしれません。

例えば、トラブルメーカーと言われる人がいますよね。
なぜかいつも自分から問題を起こし、ややこしくしてしまう人。

うまくいっていると、逆に居心地が悪くて、無意識にわざとトラブルを起こしてしまう。

もしかしたらその人は、トラブルの絶えない環境で育ち、トラブルのある状態が、
「OK」になっているのかもしれません。逆に言うと、トラブルがないと「OKではない」と感じ、
気持ち悪くなり、何か問題を起こしてしまうのかもしれません。

また、「成功してはいけない。」という脚本を持っていると、事がうまくいき始めても却って不安になり、
自分にできるはずがないと思い、自分からその流れを止めてしまったり、壊してしまったり
するかもしれません。

実は、ここだけの話、この「人生脚本」は書き替えることができるのです。

あなたのその脚本は、いつ、どこで、誰から学んだものでしょう。
もしかしたら、それがあなたの生きづらさの一因かもしれません。

あなたにはどんな「人生脚本」がありますか。

    

Posted 足立信子 : 16:23 | あなたの人生の脚本は? |

Page Top