PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年5月15日

「ありのまま」とはいい意味で「開き直る」こと。

ふと、悩みって自分を責めることから
始まるのかな、と思いました。

自分を責めて
自分にダメ出しをする。

それが頭の中をぐるぐる回り出して
出口がないから、どんどんどんどん
煮詰まって、さらに落ち込んで
自己否定感を強めていってしまう。

動けなくなる。

「ありのままのあなたでいいん
ですよ。」ってよく聞きますよね。

数年前にはディズニー映画の
歌も流行りました。

そこで考えてみました。

「ありのままの自分でいい」と思えない
ってことは、「ありのままの自分では
ダメだ」って思ってるってことですよね。

じゃあ、なんでありのままの自分では
ダメなのか。

ありのままの自分だと、どんな
こわいことや嫌なことが
起こると思っているのか。

ちょっと考えてみませんか。

あなたはどんなことが思い浮かび
ますか。

ありのままの自分だと、どんな
こわいことや嫌なことが
起こると思っていますか。

時間のある方は、ちょっと
紙に書き出してみましょう。

すごいと言ってもらえない。
出来ないヤツだと思われる。
本当の私を出すと嫌われる。
見捨てられる。

人それぞれ色んなことが
思い浮かぶと思います。

ちょっとここで、人が自分自身に
対して持っているイメージを
大まかに3パターンに分けて
みました。

1.理想のじぶん
あの人みたいになりたい。
ああならなければダメだ。

2.しょせん私ってこんなもん
いい意味で開き直れている。
現状の自分を受け入れて、ダメな
自分も自分の中にあると認められ
ている。

3.どうせ私は
自分を卑下している。
どうせ私は何をやってもダメだ。
自分には価値がないと思っている。

で、最初のお話しですが、自分を
責めるっていうのは
1.理想の自分じゃないと自分は
まったくダメで価値がないと
思い込んでしまっているから
責めるんだと思うのです。

頑張って出来るようにならないと
いけない。そうしないと認めて
貰えない。見捨てられる。

自分では「頑張ればできるはずだ。」と
思っているから、文字通り頑張って
みる。

でも出来ない(できるときもある。)

自分を責める。

自己嫌悪

こんなループをぐるぐる回って
いると思います。

このループを一旦とめるために
「頑張ればできるはずだ。」と
いうことのラインやレベルを一度
さげてみませんか。

そこまできっちりできなくても
だいじょうぶ。

たとえ、できなくて嫌われても見捨て
られても全員からそうされる訳じゃ
ありません。

そんなあなたがいいという人だけが
残ります。

いい意味で開き直って
2.しょせん私ってこんなもん
って自分のことを思ったら

肩の力が抜けて楽になりませんか。

できないことはできない。
頑張ってできたとしても、時間もかかるし
イライラする。それなら得意な人に
お願いしてやってもらいましょう。

あなたが苦手なことでも
得意な人にしたら得意なこと
なので喜んでやってくれる
かもしれません。

そう、しょせん私ってこんなもん。

神様じゃないし、なんでも完璧に
できるわけがない。

人間だもの(笑)。

人間ってとっても不完全な
ものだと思うのです。

分かっててもできなくて
分かっててもやっちゃって。

人間なんてそんなもの。

そう思って、頑張ってきた自分が
バカみたいに思えて笑えてきたら、
きっともうだいじょうぶ。


【公開お悩み相談】も引き続き
受け付けてます。

Posted 足立信子 : 13:30 | 「ありのまま」とはいい意味で「開き直る」こと。 |

Page Top