PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年6月12日

どう見られたいか どういう人だと思われたいかより 大事なこと

この週末はイベントや

新しく始めようと思っていることの

準備などで

あっと言う間に時間が過ぎました。

大勢の人とわいわいするのも好きですが

基本、一人で静かに過ごすのが好きです。

それと、2〜3人でゆっくりじっくり

お話しするのも大好きです。

4人以上になると、聞き役になっている方が

落ち着きます。

そんな性格もあるのか

いまだに人目が気になることが
あります。

「どういう風に思われてるんだろう。」、
「なんて言われてるんだろう。」って。

ちなみに昔のわたしは、

「〇〇な人」だと思われたいと思って
それに合わせに行って
一生懸命がんばって

自分の発言や行動や振る舞いを
自分で見張って

「多分こういう人はこういうとき
こうするだろう。」と思って

それを「演じ」て、

それが成功して
「〇〇なひとだよね。」って
目指したとおりの印象や
評価をしてもらえて、ホッとする。

そして、それを保つために
ずっとずっと演じ続けないと
いけなくなる。

そうしないと、演じて作り上げた自分を
「いい。」と言ってくれる人が離れていく。

それはとっても怖いから
やっぱり演じ続ける。

そんな風にして過ごしてきました。

いつも自分にダメ出しをして
責めて、見張って、
「こういうときはこうするべき。」と
自分に言い続け

そういう私の「べき」を平気な顔で
守らない人がいるとイライラして
眉間にしわを寄せて過ごしていました。

もちろん今もイライラすることは
ありますが、何かをするときに、

人の目や評価は気になりつつも
自分が「したい。」「やってみたい。」
と思ったことを、引っ込めることなく

やるようにしています。

心臓はバクバクしますし
変な汗がでることもありますけど(笑)、

一度やってみると、少しずつ少しずつ
やれるようになってきます。

自分が無理やり周りに合わせていた
ときとはまったく違って、すがすがしい
気分になります。

結果がうまくいくかどうかはまったく
関係なくて、

「あ〜、ちゃんと自分の思いを出して
あげられてすっきり!!」っていう
感じです。

なんか言ってきたりするひとも
いるかもしれませんが、そのひとは
あなたの人生の責任をとってくれる
わけでもなく

言ってみれば外野の一人です。

無視してもいいですし
「なるほど。」と思えば耳をかたむけても
いいですし、

聞くか聞かないかは、あなたが決めて
いいのです。

今までのパターンをすぐにスッキリ
変えるのは難しいと思うので

「あ、また合わせに行ってる!?」って
気付いたら、少しずつ少しずつ
やってみませんか。


【公開お悩み相談】も引き続き
受け付けてます。


過去のお悩み相談はこちらからどうぞ。

Posted 足立信子 : 07:31 | どう見られたいか どういう人だと思われたいかより 大事なこと |

Page Top