PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2015年8月17日

不安を感じきる[2]

前回の記事、
<<不安を感じきる[1]
からの続きです。


不安で居ても立っても居られないとき
どうすればいいのでしょう。

不安なときは、不安な気持ちを何とかしようとせず
感じ切ってください。

不安は、逃げようとすればするほど追いかけてきます。

「あ〜、今、自分は不安になっているんだなぁ。」
「不安になるのも無理もないよね。」
「不安になってもいいんだよ。」
「なんで、不安なの?」
「どんな風に不安なの?」
「昔、似たようなことがあった?」
「どんなことがあって、どんな風に感じた?」
「今回と似たとこあるかな?」
って、自分の心に聞いてあげてくさい。

最初は、何も出てこないかもしれません。
不安なままかもしれません。

一日のうち、10分だけ、とか時間を区切って
何日も向き合ってみるのもいいかもしれません。
何日かかかる場合もあるかもしれません。

でも、続けているうちに最後には不思議と
スーっと薄くなります。

「まあ、いいかぁ。」と思えます。

騙されたと思ってやってみてください。
もし、不安がなくならなくてもそれでもいいんです。

不安を抱えながらでも
現実に一歩を踏み出してみてください。
実験するみたいな気持ちで。
どんな結果になるか試してやろうって。

すると、自分の中で考えていた状況とは
また違った結果になったりします。

不安は、自分の中でどんどんふくらみます。
悪く考えがちです。

充分に感じ切ったら


「ここまでっ!」


って口に出して
強制終了してみてもいいかもしれませんね。

 

Posted 足立信子 : 11:50 | 不安を感じきる |

Page Top

2015年8月14日

不安を感じきる[1]

皆さんは、普段生活していく中で、
不安を感じることはありませんか。

「今度、こういうことがあるけどうまくやれるかな、
失敗したらどうしよう。」
「緊張してミスしてしまったらどうしよう。」
「あの人を怒らせてしまった、どうしよう。」

数えだしたらきりがありません。

不安になることを悪いことだと
思っておられる方も多いのではないでしょうか。


不安は、脳が過去に経験したことを
無意識に思い出し、危険を予測をし、
あなたに知らせてくれているのです。

「そういえば、前にこんなことがあったよ。
気を付けたほうがいいかも。」って。

不安は、あなたが嫌な思いをしたり傷ついたりしないように
あなたを守ってくれているのです。実は。
防衛本能のようなものかもしれません。

不安があるおかげで、人間は危険を予測し
色んな物を開発しました。
セキュリティシステムや車の衝突防止装置なんかも
そうかもしれません。

人間には色んな感情があります。

嬉しい、楽しい、悲しい、
寂しい、虚しい、不安・・・。

感情に、よい悪いはありません。

「悪い」と思うのはあなたの基準がそう決めているのです。
感情は自然に湧き上がってくるものです。
感じてはいけない感情はないのです。

不安になると、怖くて苦しくて、
なんとか抜け出そうとします。
胃が痛くなったり、頭も重くなったり
体にも症状がでるかもしれません。

いてもたってもいられなくて、落
ち着かなくて逃げ出したくなることもあります。

そんなとき、どうすればよいのでしょうか。

  

Posted 足立信子 : 11:47 | 不安を感じきる |

Page Top