PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2015年11月9日

ひとから悪口を言われて嫌な気分になったとき

ひとから悪口を言われると
嫌な気分になりますよね。

腹が立ったり、悲しくなったり・・・。

こちらに身に覚えが何もないのに、
色々言われたりして。

どうすれば、あまり心を乱されずに
すむのでしょう。

悪口って、どんなことを言われる
のでしょう。

その悪口の内容に少し
注目してみてください。

悪口の最後に、こう付け足すと
しっくり来ませんか。

「あの人のやり方は、おかしい。」(と私は思う。)
「あの人だけ、優遇されてずるい。」(と私は思う。)
「あの人は、いつも電話を取らない。」
(と私は思う。)

いかがですか。
そうなんです、悪口を言っているひとは、
自分の意見を言っているだけなんです。

何もあなたが、その意見の方に
寄って行って、傷つき、落ち込む
必要はないのです。

ただ、そのひとは自分の価値観で
意見を言っているだけなんですから。

もし、言われたことに思いあたるフシが
あるなら、見直してみるチャンスかも
しれません。

でも、相手の思い込みや、ストレスの
はけ口にされて言われているな、と
思ったら、

「ああ、あのひとは自分の意見を言ってる
だけなんだ。ふ〜ん。」と思ってみましょう。

言いたい人には言わせておきましょう。

そのひとはそのひと、
あなたはあなたです。

  

Posted 足立信子 : 17:54 | ひとから悪口を言われて嫌な気分になったとき |

Page Top