PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2020年8月17日

不安をなんとかしたい

コロナの影響で、毎日、不安を感じながら
過ごしてる人も多いと思います。

色んな不安があるけど、どんなときに
不安になる?

テレビやネットで、コロナの情報を
見たとき

とか

ちょっと時間が出来て、ふと考えて
しまったとき、とか。

1日の中で、どんなときに不安に
なりやすいか、ちょっと考えてみよう。

で、「あ、こういうとき不安になりやすい。」
っていうのが分かったら、それを意識してみよう。

テレビやネットを見てて不安になりやすいなら、
見る時間を決めて見ない時間をつくる。

ふとしたときに考えそうになったら、
何か別のことをやる。

それでも、ダラダラ考えそうなら

一日の中で、「不安になる時間」を決める。

「不安になる時間」以外のときに不安になりそうに
なったら、「不安になる時間」までおあずけ。
ずっと考え続けるんじゃなくて、メリハリつけて
集中して不安になろう。

それと、もうひとつのオススメは、
不安に思ってることを紙に書き出してみること。

たとえば、「自分がコロナに感染したら。」

仕事はどうなる?
収入がなくなったら?
貯金が底をついたら?

家のことはどうなる?
洗濯物がたまったら?
料理を作れる人がいなかったら?
子供の世話をできる人がいなかったら?
介護するひとがいなかったら?

自分の中で思い付く限りの不安の結末を、
どんどん紙に書き出してみて。

書けたら、それを眺めてみて。

それ、起こるかもしれないし、
起こらないかもしれない。

今は分からない。

もし、起こったとしても、
対処できる方法って、あるよね。

相談したり
助けてもらったり
お金がかかったり
求めるレベルを下げたり

方法は色々だけど

対処方が何もないってことは
ほとんどない。

そのときそのときで
それなりにやれることはある。

しばらく落ち着かないかもしれないけど
なるようになる。

物事を自分の思うように完璧にコントロールする
なんて、普段からだってムリ。

だから、だいじょうぶ。
なったときに、考えよう。

脳科学的に言うと、不安になるのは
防衛本能として自然なこと。
自分を守るために、脳が頑張ってくれてるってこと。

ありがとう!私の脳ミソ!

今度不安になったときは、だまされたと思って、
「だいじょうぶ、だいじょうぶ。ありがとう、私の脳ミソ。」
って呟いてみて。

繰り返してると不思議とだんだん落ち着いてきます。
ぜひ、お試しを。

Posted 足立信子 : 12:14 | 不安をなんとかしたい |

Page Top