PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2016年5月19日

今までの自分を手放す

なんだか、最近「手放す」という
言葉が気になります。

心屋仁之助さんもよく言われている
「手放す」。

そのままの自分ではダメだと思って、
色んな鎧を身に付けても、かえって
それが重くて動けなくなる。

かえって、もともとの自分の素晴らしさまで
隠してしまう。

何も付け足さなくても、そのままの自分で、
すでに素晴らしいことに気付こう。

どんどん手放そう。

「へ〜、そうか、そうなんだ〜。」って思いながら
過ごしてましたが、

ここしばらく、なんだか気になる「手放す」。

すると、そんなようなことが、目や耳に
つくようになり、

ヨガをしたとき、お通じがよくなったので、
先生に伝えてみると、「余分なものを手放せたんだね。」
みたいなことを言われ、

止まっていた生理が、何かを排出する感じの勢いできて、

(きたない話ばかりでスイマセン。)
ふと見たおへそのゴマが気になり、お手入れしてみたら、
「え〜っ!!」って言うぐらい取れ、

知らない間に伸び放題になっていた観葉植物の枝が
気になって散髪し、

そして、今朝、なんか顔がカサカサすると思って触って
いたら、昨日、顔を洗ったはずなのに、ファンデーションの
色がついたモロモロが浮かんできて、

久しぶりにオイルクレンジングをしたら、なんか、いっぱい
取れて、お肌がだいぶスッキリしたり・・・。

ふと、「あ〜、なんか手放すタイミングなんかな〜。」
って思いました。

タイミングじゃないときって、いくら本を読んだり、
勉強したりしても、なかなか入ってこなかったり
しますが、なんとなく、
「あ〜、なんかタイミングなんかな〜。」って思え
ました。

持っておいた方がいいと思って身に付けてきた
色んなもの。

資格、人脈、仕事に繋がりそうな活動、つくり笑い、
出来る人のフリ・・・。

そして、一番手放せない、「今までの自分」。

人に合わせて、意見を言わず、我慢して、
人に嫌われないように、人を嫌わないように、
敵をつくらないように、生きてきた自分。

きっと、それは今まで自分を守ってきてくれてい
たんだと思います。

そのときは、それが必要だと思い、身に付けて
きたけど、それで自分が今、苦しいなら、

「今までありがとう。」といって、お別れをする
時期に来ているのかもしれないな〜、と
思ったりもしました。

まあ、そうは言っても、ピシッと変われないと思うので、
脱いだ鎧をまた拾って着たりして(笑)、

で、やっぱりもういらんわ、ってまた脱いだりしながら
変わって行けたらいいな〜、と思います。

あなたは、どんな鎧を身に付けていますか。

その鎧に「今までありがとう。」を言って、そろそろ
ひとつずつ脱いで行きませんか。

  

Posted 足立信子 : 10:43 | 今までの自分を手放す |

Page Top