PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2015年11月5日

言わなくても分かるはず!いいえ分からないんです。

「言わなくても分かるはず!」

家族、同僚、部下など、近い間柄の
ひとに、そう思うことありませんか。

「なんで分からないの」って思い
ますよね。

「普通、考えたら分かるよね。」
「どう考えても、こうだよね。」
って。

じゃあ、どうしたらいいのでしょう。

あなたがそう思う相手は、どちらかと言うと、
ふだん身近に接している人に対して
多くないですか。

身近なひとなら、ふだんから自分の
考えや行動を見て、分かってくれているはず、
だから、言わなくても分かってくれているはず、
と思うからです。

でも、ふだんあんまり接しないひとには、
どうでしょう。自分の気持ちや考えを察して
もらうことを、あまり期待しませんよね。

だって、その人は自分のコト、あんまり
知らないんだもん。

だから、身近な人にこそ、
「言わなくても分かるはず。」っていう思いが
より強くなります。

でも、ちょっと考えてみませんか。

家族でも、夫婦でも、ましてや同僚や
部下は、他人です。あなたとは違う考えや
性格を持っています。

だから、あなたが思う「普通」が、
その人にとっての「普通ではない。」
ことがあるのです。

で、結果、あなたの思った通りの動きを
してくれなくて、あなたはイライラして、
相手との雰囲気も悪くなってしまったり
するってことありませんか。

日本人は昔から、
「空気を読む。」
「状況を読む。」
「人の気持ちを察する。」
という文化があります。

いい面もたくさんあるのですが、
その「読み」や「察したこと」が
いつも完璧に当たるとは限りませんよね。

なぜなら、相手にはあなたとは違う
思考や価値観があるからです。

「ちょっと、これは誤解されるかもしれないし、
細かく伝えておいた方がいいかな。」

「最初にハッキリ説明しておいた方が、いいかな。」

って思うときは、親しい相手ほど、言葉にして
伝えてみてください。

きっと、色んなことがスムーズに流れだすと
思います。

  

Posted 足立信子 : 11:56 | 言わなくても分かるはず!いいえ、分からないんです。 |

Page Top