PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年1月6日

自分の人生のど真ん中を歩くと決める

道を歩くとき
道のどの辺を歩きますか。

きっちり右側通行?
ふらふらそのときの気分で?
歩きやすそうな方?

実は私は、はっしこを歩きます。
お店に入っても、すみっこが
とっても落ち着きます。

ちょっと話は変わりますが、
あなたは自分の人生のど真ん中を
歩いてますか。

抽象的な表現ですが、
たとえば、なにか物事を決めるときに
自分がどうしたいのかよりも、
目の前にいる人や、全体的な影響を
考えて、よいと言われそうな方や、
揉めなさそうな方や、嫌われなさそうな
方を選ぶことが多くありませんか。

世間でよしとされている方、
親に褒めてもらえそうな方。

今、問題がなくて
しんどく感じないなら、それでよいの
ですが、何か自分の人生を生きている
実感が湧かない、人の顔色や人からの
評価ばっかり気にして行動しているな、
と思うなら、チャンスかもしれません。

まずは、
自分の人生を自分で決めて歩いて
行くと決めましょう。

別に何かをするわけではなく、
ただ、心の中で決めるだけでOKです。

「私は自分の人生のど真ん中を歩く。」
と決めるだけでいいです。

そして、だまされたと思って試してみて
ほしいことがあります。

それが最初に書いたことにつながるんですが、
道を歩くときに、ど真ん中を歩いてみて
ほしいのです。

あまり人が歩いていない道や、広さに余裕が
あって、人や自転車が来ても楽にすれ違える
ような所を選んでくださいね。

そして、胸をはって、
「私は自分の人生のど真ん中を歩くんだ。」
と思いながら、堂々と歩いてみてください。

ちょっと笑っちゃうかもしれませんが、
ぜひ試してみてください。

いつも端を歩いている人がやると、
結構ザワザワすると思います。

そして、人とすれ違うとき、いつも
自分がよけてばっかりって思うなら
自分はよけないようにしてみましょう。
相手によけてもらいましょう。

道の真ん中を歩き慣れてないと、
「邪魔やって思われてへんかな。」
「私が真ん中歩いていいんかな。」
とか思うかもしれません。

でもそれが、自分の人生のど真ん中を
歩くことに似ているな、と思うのです。

自分がこうしたい、こう思うという
ことがあって、そうしたい。

でも、まわりから色々意見を言われたり
否定されたり、非難されたり、怒られたり
しそうで怖くてできない。
(道の真ん中を歩いていて非難されそうに
思う。)

でも、自分はそうしたい。

そういうときは、道の真ん中を堂々と
歩くみたいに、周りからの評価を
気にせず(道の端によけるんではなく)、
自分の思うようにする勇気を出してみましょう。

人の評価って、その時々で変わります。
絶対的なものでもないですし、
そもそもそれだけに合わせていても
意味がないしキリがありません。

それに縛られて動けなくなったら
元も子もありません。

言いたい奴には言わせておきましょう。

そんなことよりも、
自分が楽しいと感じることや、やりたい
ことをやりましょう。ワクワクしてテンション
が上がることをしましょう。

あなたも、たまには、堂々と道の真ん中を歩いて
みませんか。

Posted 足立信子 : 15:58 | 自分の人生のど真ん中を歩くと決める |

Page Top