PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年10月3日

じつは欠点は「欠けてる点」ではなくて、あなたに「欠かせない点」

今日は最近読んだ本で
いい意味で意識をヒックリ返された
一文を紹介しようと思います。

それが題名にも書いた
「欠点は欠点ではなくて自分に
欠かせない点」だという言葉です。

読んでいた本は
本田晃一著
「はしゃぎながら夢をかなえる
世界一簡単な法」です。

ちなみにこの本、
大人気で今は品薄状態らしいです。

で、この言葉は、著者の本田さんと
作家のひすいこたろうさんという方の
やり取りで、ひすいさんが
おっしゃった言葉だそうです。

ひすいさんは、また
「人は長所で尊敬され、短所で愛される。」
とおっしゃたそうです。

これを読んで皆さんどう感じましたか。

私は、見事に今までの意識をひっくり返されて
「おぉ〜!!」と思いました。

それと同時に、納得するエピソードを思い出して
なんとも言えない暖かい気持ちになりました。

私もまだまだ自分のダメなところを見つけては
自分を責めてしまうことがあります。

でも、働いていた頃のエピソードを思い出しました。

何を隠そう、私は聞き間違いの達人でした。

たとえば、庶務担当をしていた頃、とある職員さんが
私のところにやってきて

職員:「私の席の上の蛍光灯に血が付いてるんです。」
私:「え!蛍光灯に血が付いてるんですか!!」
職員:「そうなんです。血が付いてるんです。」
私:「え、どこですか!」
職員:「あそこです。」
私:「え、どこですか。」

と、何度かやり取りをしてお互いにやっと
気付きました。

「血が付いている。」のでなく
「チラついている。」の聞き間違いだと言うことを。

他にも色々聞き間違いをやらかしてるんですが
そういうエピソードを、おもしろおかしく
何回も何回もみんなの前で紹介してくれる
先輩がいました。

聞く方も何回か聞いてるのに
その話を聞くと嬉しそうに
笑っていました。

私も関西人なので、段々と
「これちょっとおいしいかも。」と
思ったりしてましたが

「短所で愛される」ってこういうこと
なんかな、と思いました。

人の失敗って、本人は落ち込んでても
なんか笑えることってありませんか。

親近感を持ったりすること
ありませんか。

だから、自分では欠点だと思っていて
こんな自分ではダメだ
直さなくちゃと思っていても

あなたの知らないところで
誰かをホッとさせたりしているのかも
しれません。

それもひっくるめて、全部があなたで
そんなあなたがいいと思ってくれている
人がいるかもしれません。

欠点、欠点って、その部分をなくしちゃうと
あなたのよさも無くなってしまいます。

それは、あなたに欠かせない点だからです。
だから、あなたは愛されるのです。

さあ、今日から欠点は
あなたに欠かせない点です!

仲間はずれにしないで〜。


***

カウンセリングのお申し込みは
こちらから





【公開お悩み相談】も引き続き
受け付けてます。


過去のお悩み相談はこちらからどうぞ。

Posted 足立信子 : 17:27 | じつは欠点は「欠けてる点」ではなくてあなたに「欠かせない点」 |

Page Top