PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2015年10月26日

こどもの習い事、本人がやりたがったらやらせるべき?

こどもさんの習い事、今はいろんなものがありますよね。

水泳、英語、ピアノ、塾、サッカー・・・。

本人がやりたいと言ったら、どうしますか。

やりたがったら、やらせるべきなのか、それとも・・・?

親として悩むときってありますよね。

でも、もし、経済的にも何とかなるなら
ぜひ、行かせてあげてください。

こどもさんが自分から「やりたい。」と言い出すものは、
きっと本人が、楽しくて好きでたまらないもの。

だから、もし始めたら、上手になりたくて、褒めてもらい
たくて、必死に練習すると思います。

本人が、自然と頑張るうちに少しずつ知らず知らず
のうちに、上達してたってことありませんか。

小さい頃の成功体験は、とても大切です。

成功体験とは、「快感を感じる。」こと。

成功体験を経験すると、こどもは漠然と
「自分はできる。」と自己肯定感を持つことが
できます。

自己肯定感とは「自分は自分でいいんだ。」と
思える感覚です。

これが低いと、大人になっても自分に
自信がなく、物事を途中で投げ出してしまったり
、「自分は何をやってもだめなんだ。」と自分を責めたり、
過小評価してしまったりします。

うつになりやすい人は、自己肯定感が低い傾向が
あります。

なので、もし、こどもさんが習い事をやりたがったら、
「なんで、やりたいの?」
「うまくなって、どうしたいの?」って
聞いてみてあげてください。

その理由が納得いくものなら、
ぜひとも好きなことやらせてあげてください。

(ただし、いくつも掛け持ちして、明らかに
詰め込み過ぎの場合は調整してあげてくださいね。)

Posted 足立信子 : 16:06 | こどもの習い事、本人がやりたがったらやらせるべき? |

Page Top