PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2020年2月20日

このままの私で、私はここにいてもいいですか。

今日は、自分の気持ちの整理のために書くので、
意味が分からない部分があるかもしれません。
なんとなく、読んでみようかな、と思った方は
続きをどうぞ。

子供のときに、親に甘えたり、親の前で
そのままの自分でいることができなかったから、
私は今、夫や社会資源に甘えて、試してるのかな、
と思った。

このままの私で、私はここにいてもいいですか。

役に立たない、育児もひとりではできない今の私でも、
ここにいていいですか。

それでも、あなたは私を見捨てませんか。
それでも社会は私を見捨てませんか。

助けてと言えば、本当に助けてくれますか。
私は助けてもらうに値する人間ですか、存在ですか。

子供のときに親に受け止めてもらえなかったから
(受け止めてもらったと思えなかった)から、
大人になっても、周りから構ってもらえる
(助けてもらえる)状況を作り出してるのかも
しれないなぁ、と、ふと思った。

大丈夫だよ、あなたを守るよ、気にかけてるよ。
そんな状態になっても見捨てないよ。
って言ってもらえる状況を自分で作ったり
引き寄せたりしてるのかも。

(親がどう思っていたかは、ここでは置いておいて、
あくまで私が感じてきたことを基準に書きます。
記憶は塗り変えられるので、事実とずれてることも
あるかもしれません。)

そういう状況を作って、構ってもらって、
大事にしてもらって、気を配ってもらって、
そんな自分でも大事にしてもらえるんだって
体験や経験がしたいのかも。心地いいから。
存在に関わることだから。

それでも、そこにいていいよ、あなたのことを気に
かけてるよ、大事に思ってるよ、見捨てないよって
思われたいから。

ここにいていいよって、認めてもらって、
安心したいんだ。そのままのあなたでも、
存在していいよって認めてもらいたいんだ。

子供のときは、家にいても居場所がないと
感じてた。

家にいても落ち着かなくて、遊びに行ける
友達を見つけては、いつも出掛けてた。

家にいるときは、緊張してたのかもしれない。
そのままの自分でいることができなかったのかも
しれない。母や父の顔色をうかがい、
怒らせないように、常に演じていないと
いけないと思っていたのかもしれない。

母からは、父や父の祖父母の愚痴をずっと
聞かされてた。父は、不機嫌でよく怒鳴ってた
印象がある。

いわゆる昭和の母、昭和の父だったんだと思う。

私は母が楽になるならと、母の愚痴の聞き役になり、
そうすれば母の機嫌がよくなって、私の事を愛して
くれるかも、と思っていたけど、母はストレスや
イライラを私達きょうだいにぶつけていた。

私は小さい頃から
「私って、いらん子ちゃうんかな。」
「生まれてこんかったらよかった。」って、
よく言ってた。

ほかのきょうだいは、自分自身のことを、
どんな風に思ってるんだろう。

子供のときにときに味わえなかったことを、
今、色んな出来事を作り出して、味わおうと
してるのかも。

かわいそうな弱い自分を作って、構ってもらおうと
しているのかも。甘えさせてもらってるのかも。
おそるおそる。

甘えることがこわいのは、甘えたときに甘えさせて
もらえなくて、とても傷付いたから。
もう二度とそんな思いはしたくないから、甘えることは
やめたいと思う。でも、甘えさせてくれるということは、
そのままでいいよって、存在を認めてもらうことに繋がる。

認めてもらったことがないから、やっぱり求める。
このループなのかも。

夫や助けてもらっている社会資源に、とても感謝しながら、
いつも申し訳なく思ってる。

でも、甘えさせてくれる状況があるなら、申し訳なく
思うんではなくて、いっぱい感謝しながら、ありがたく
甘えさせてもらおう。子供のときにできなかった
「甘える」を、今、その胸を借りてさせてもらおう。

そして、まずは私が機嫌よく笑顔で過ごすこと。
そして、自分のキャパの範囲で出来ることをやる。

それでいいのかな、と思う。

甘えても、人は、世間は、私が思うより、ずっと優しい。
最近、人の優しさに驚くことが多いけど、それって
裏を返せば「基本、人は優しくない。」って思ってたんだな。

自分が世の中をどういう目で見るかによって、
目につくものが変わって、世の中の見え方が変わる。

まだまだ「よっしゃ甘えちゃえ!」とは思えないけど

ペコッと頭を下げて「甘えさせていただきます。
よろしくお願いします。てへっ。」ってぐらいのところから、
やってみよう。

というわけで、私の心の整理に付き合い、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

そんな、あなたに甘えます(笑)。

あなたも、上手に周りに甘えることができますように。

Posted 足立信子 : 11:58 | このままの私で、私はここにいてもいいですか。 |

Page Top