PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年4月29日

【公開お悩み相談】へのご相談&お返事。[ 匿名、41歳、女性 ]

匿名希望
41歳
女性

の方からご相談をいただきました。

※※※

〇ご相談内容

はじめまして。
私は5月初めに乳がんの部分切除手術を
予定しているものです。
足立さんのブログを見つけてから、度々元気を
もらっていますが、手術を前に不安な気持ちで
いっぱいです。

私のがんは、今のところ手術の後に放射線と
ホルモン療法を行う予定で、足立さんと似ている
ので、とても参考になるし、私もきっと足立さんの
ように治療を終え、元気になって活躍出来るように
なると信じて頑張ろうと思っています。

でも毎日涙が出てきます。悲しい気持ちがなく
なりません。ご飯も食べられないしフラフラです。
乳がんは初期の方なので、手術もきっと上手く
いくと思ってはいるのですが。。先生方も優しく
丁寧に接してくれますし。

でも、手術後もこのままの気持ちでいるので
しょうか?
夫が支えてくれていますが、このままの状態が
続けば、夫の負担になってしまいます。すでに
負担になっているのですが。。

思えば、乳がんと分かる前は、毎日がつまらなく
感じて、不安で、夜も眠れないし、楽しみなんて
無かったです。そんな時に乳がんと分かり、
いろいろ反省して後悔して、今は何とか病気を
治したいと思っています。

でも病気が治ったら何かしたい事が見つかるのかな、
とか思ってしまいます。全く前向きじゃないです。

私はどうしたら元気になれるのでしょうか?

※※※

〇回答(長文です。)

ご相談メールありがとうございます。
また、いつもブログをお読みいただき
ましてありがとうございます。

5月の初めに乳がんの部分切除手術を
予定しておられるのですね。

今は不安がいっぱいですよね。
悲しい気持ちがなくならなくて、毎日涙が出るし、
ご飯も食べられなくてフラフラする。こころも
からだも、もう、いっぱいっぱいですよね。

でもね、今はそれでいいと思うのです。
自然なことだと思います。涙が出るときは
泣きましょう。きちんと自分を泣かせて
あげてください。だって不安なんですもん。
手術をしたら胸の形はどうなるのか、リンパに
転移していないか、手術の痛みはどうなんだろう、
腕は今までどおり動かせるのかな・・・。

不安で当然だと思います。がんのような大きな
病気をすると、その人にもよりますが、病気を
受けとめられるまでに時間がかかります。
今は悲しい気持ちがなくならないのは自然な
ことです。だから不安になる自分を責めないで
ください。病気を受け止める過程を順調に
歩んでおられる証拠だと思います。

ご飯があまり食べられていないのですね。
ぜひ病院の看護師さんにご相談してみてください。
どうしても食べられないときは、きっと病院でも
何か対処をしてくださると思います。
今は、ご自分のことを一番に考えて
ご自分を一番大事にしてください。

手術に備えて、体調を整えておくことが
今一番大事なことです。

もしかしたら、今が一番不安なときかもしれません。
告知を受けて、そのあとは色んな検査に追われ、
治療方針を決め、必要な人には連絡をしたり
調整をしたりして、ショックを受けながらも目の前の
ことに必死に対処して来られたと思います。
そして今は治療の方針も立ちあとは手術を
待つ状態です。

「手術後もこのままの気持ちでいるの?」との
ことですが、あなたはどう思いますか。
今の不安な気持ちのままでいると思いますか。
そして、支えてくれている旦那さまに負担を
かけてしまうのが心配なのですね。

もし、旦那さまとあなたが逆の立場だったら
いかがでしょう。迷惑だと思いますか。
困っているのに、あなたをまったく頼ってくれな
かったら、自分は役に立てなくて寂しいと感じ
ないでしょうか。支えるために何か出来ることが
あればやりたいと思いませんか。

旦那さまがどんな方か分からないので推測に
なりますが、旦那さまを信じてみませんか。

困っているあなたを見捨てるような方でしょうか。

もしかしたらあなたは、人に頼ったり甘えたりする
ことがどちらかと言うと苦手なのではないでしょうか。
人って思ってるより優しいです。
(そうでない人もいますが。)

病気になった今、練習だと思ってぜひ、周りのひとに
「助けてほしい。」「手伝ってほしい。」とお願いして
みてください。あなたがいかに周りから愛されて
大切にされているか実感できると思います。

あなたにはその価値があるのです。周りのひとに
どうかあなたの役に立たせてあげてください。
あなたも、頼まれごとをされたり頼られたりすると、
嬉しいときがありませんか。頼む人はあなたを
信頼しているから頼むのです。逆に言うとあなた
から頼りにされないと周りのひとは「信頼されて
ないのかな。」と寂しく感じるかもしれません。
小さなことからぜひお願いしてみてください。

「どうしたら元気になれますか。」
「前向きになれますか。」とのことですが、
私からの答えは「元気になろうとしなくていい。」
「前向きにならなくていい。」です。
落ち着いたら、同じ病気の人達が集まる患者会に
ぜひ足を運んでみてください。きっと、何か感じる
ことがあると思います。

今は無理に頑張らなくても、前を向かなくても
だいじょうぶ。

手術が終わって少し余裕ができたら、子どもの
頃に好きだった物や熱中していたものをぜひ
思い出してみてください。今でも、何かそれに
関わることで続けていることはありませんか。
ついつい目が行ってしまったり、テレビでやって
たら見てしまうもの。

きっとその中にあなたのやりたいことのヒントが
あると思います。

病気になる前は、毎日がつまらなく感じて、
不安で夜も眠れないし楽しみなんてなく
過ごしておられたんですね。
でも、病気になって色々と考えられた
んですね。

少し私のお話をさせていただくと、私も病気に
なる前は全速力で後ろ向きでした(笑)。
うつむいて、眉間にシワを寄せてため息をつき
不満いっぱいで過ごしていました。そんなとき
病気になりました。

すぐに思えたわけではありませんが、少し時間が
経ったとき、病気は大事なことを教えてくれたのかも
しれないな、と思いました。

体が体を張ってストップをかけてくれたのかな、
と思いました。
「これからもその生き方でいいの。」
「もう私を責めないで。」「いじめないで。」
「もう頑張れない、限界だ。」と教えてくれた
のかもしれないと思いました。

あなたは、本当はどんな風に生きたいですか。
がんになって色んなことを考えられたと思います。
体が悲鳴を上げて何かを教えてくれたとしたら、
どんなことが思い当たりますか。

長くなりました。
これから手術をされて、放射線治療、ホルモン治療を
されるご予定ですね。

落ち着かれたら、どんな気持ちで過ごしたか、よかったら
またお知らせくださいませんか。おそらく、このブログは、
あなたと同じように乳がんと向き合っておられる方も
読んでくださっていると思います。

あなたのその経験が、きっと皆さんに勇気を与える
と思います。
あなたが私のブログを参考にしてくださったように。

そして、私も同じ病気の者として、あなたを
応援しています。
あなたなら、きっとだいじょうぶ。一歩ずつ
一緒に歩んで行きましょう。

また、ご報告をお待ちしております。

足立信子

Posted 足立信子 : 16:03 | 【公開お悩み相談】へのご相談&お返事。[ 匿名、41歳、女性 ] |

Page Top