PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2015年9月11日

もう、自分を許してあげましょう

あなたは、自分を責め続けてしまうことは、ありませんか。

失敗をしたとき、誰かを傷つけたとき、やっておけばよかった、やらなければよかったと
後悔するとき。

自分を責め続けているときは、繰り返し繰り返しその出来事を思い出し、何度も何度も
自分をイジメていることと同じです。

自分で自分の頭を、殴りつづけている様子をイメージしてみてください。
もし、そんな人が目の前にいたら、あなたは何と声をかけてあげますか。

「もう、やめなよ。」「もう十分だろ。」「しょうがなかったんだよ。」・・・。

あなたが掛けてあげたい言葉、実はそれは、あなたが自分に掛けてあげたい言葉です。

「頑張ったね。」「そうするしか、なっかたんだね。」「だいじょうぶだよ。」・・・。

自分を責め続けると「責めグセ」がつくことがあります。
何かあると、すべて自分が悪い、あのとき、ああしなかったから、あのときこうしなかったから、
こんな事になってしまったんだ、と。

そのクセ、もうやめませんか。

クセに気付いていないときは意識しませんが、クセに自分で気付いたとき、
それを辞めることができます。

「ああ、また始まったな。」「ああ、また何回も思い出して自分をイジメてるな。」
そう自分で気が付くことができたら、そのクセは半分、治ったようなものです。

あなたのことを許せず、何度も、いつまでも一番責め続けているのは、あなたです。

もう、許してあげませんか。それも、あなたなのです。
「しょうがないな、これも私か。」って、受け入れてあげてください。

あなたを一番イジメているのは、あなたです。あなたが今まで一番愛情を注いであげて
こなっかたのも、あなたです。

自分イジメは、そろそろ終わりにしませんか。

Posted 足立信子 : 17:02 | もう、自分を許してあげましょう |

Page Top