PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2016年2月10日

乳がんの治療のことを考えると不安で眠れないとき。

乳がん患者専門心理カウンセラーの
足立です。

私も、今、乳がんの治療中です。

当事者として、同じ仲間に寄り添い、
その方の望む形で、また歩きだせるよう、
一緒に過ごしていけたらと思います。

乳がんの治療、不安ですよね・・・。

どこまでひろがってるの?
全身にひろがってるの?
余命は?
手術は?
抗がん剤は?
副作用は?・・・。

夜になると考えてしまって、
眠れなくて、また、いろいろ
考えて、余計に不安になって・・・。

不安ですよね、怖いですよね。

私もそうでした。

一番怖くて眠れなかったのは、
部分切除手術の入院前夜でした。

それまでは、それなりになんとか
眠れていました。

でも、入院前夜は、こわくてこわくて。
もうここまで来たらあきらめよう、開き
直ろうと思っても、どうしようもなく
怖くて眠れませんでした。

ほとんど眠れず、ボーっと
したまま入院の準備をして
電車を乗り継ぎ、病院に
着いたことを覚えています。

入院→病院泊→翌日手術でしたので、
手術の前日は、病院の個室で
寝ました。

次の日の午前中が手術だった
ので、目が覚めれば、もう当日
です。

どうなるんだろうと不安でしたが、
入院前夜に比べれば、眠れたと
思います。

入院前夜は、「私の胸はどんな形に
なってしまうの?」
「脇のリンパ節までいってるの?」
「もし行ってたら、全身に回ってる
かもしれないってことだよね?」
と、グルグル考えていました。

考えないようにしようと思えば
思うほど考えてしまって、
眠れませんでした。

色々考えて、不安になるのは
無理もないことだと思います。

だって、怖いし不安ですよね。

それは、自然な反応なので、
不安でいいんです。

どうしても色々考えてしまうけど、
「時間が来たらなるようになる。」と
呟いてみてください。

不安だと、悪い方にばかり考えて
しまいがちです。

妄想がどんどん広がります。

実際は、やってみないとどうなるか
分からないですよね。

「主治医の先生を信じて、もう
あとはお任せしよう。」と呟いて
みてください。

主治医の先生も看護師さんも
医療スタッフの方達も、あなたの
ためにベストを尽くしてくださいます。

みんな、あなたのことを思って
一緒に闘ってくれています。

家族も一緒に闘ってくれています。

あなたは、ひとりではありません。

だから、だいじょうぶ。

目を閉じて、ゆ〜っくり三回深呼吸して
みてください。

ベストは尽くしました。
だから、だいじょうぶ。

きょうはもう、おやすみなさい・・・。


【カウンセリングのお申し込み】
 予約フォームはコチラからどうぞ。

  

Posted 足立信子 : 17:31 | 乳がんの治療のことを考えると不安で眠れないとき。 |

Page Top