PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2016年9月20日

乳がんを受け入れられなくても無理に前を向かなくていい

乳がん患者専門心理カウンセラー
の足立信子です。

私も乳がん経験者です。

乳がんが分かったとき、ものすごい不安に
おそわれたり絶望したりしませんでしたか。

検査結果が出るまでの不安。
がんなのか、違うのか。
「まさか。」と思ったり、「そんなことないよね。」
って、気持ちが行ったりきたり。

告知されてからの混乱
信じられなくて、現実感がわかなくて。

でも
仕事はどうしよう
生活費はどうしよう
治療費はどうしよう
子どもはどうしよう
家のことはどうしよう
介護はどうしよう

っていうか、私死んじゃうの
余命はどれぐらいなの
転移してるの
これからどんな治療をするの
しんどい思いをするの
どれぐらいお金がかかるの
どれぐらい時間がかかるの
あとどれぐらい生きられるの

なんで私なの
がんになるほど私なんか悪いことしたの。

最初は受け入れられなくて
現実感がなくて
でも治療のことや家のこと、仕事の段取り
を考えているうちに、ホントなんだって
現実感がわいてきて
不安に押しつぶされてしまって
動けなくなったり・・・。

でもそんなとき
前を向けない自分を責めないで
ください。

前を向けなくてあたりまえです。

怖くて不安でどうしていいか分からなくて
眠れなくて
治療の副作用で前みたいに
家事や仕事ができなくて

周りをみると
なんだかみんな順調で
幸せそうで

自分も前を向かなくちゃと思うけど
出来なくて・・・。

「がんばってね。」って言われても
素直に聞けないときもあって
「何をどう頑張ればいいの。
今、必死で持ちこたえてるのに
これ以上何をどう頑張ればいいの。」
って思って、罪悪感を感じたり。

でもそんなとき自分を責めないでください。
無理に前なんて向かなくていいんです。
そんなときに、前なんて向けるはずが
ありません。

「軽々しく言わないで。」って
心の中で怒ってもいいんです。

がんになって、あなたはどんな感情が
湧きましたか。

怒り
哀しみ
不安
恐怖
焦り
やるせない気持ち
脱力感
失望
絶望

あなたの心の中に湧いた感情のすべてを
否定しないでください。
「今はそう感じてるんだな。」って
否定せず感じてあげてください。

無理に前を向こうとしても
ダメなときはダメです。
余計にしんどくなるときが
あります。

「今はまだそういう気分じゃないんだな。」
って、今の自分を受けとめてあげませんか。

あなたは今まで十分頑張ってきました。
今も、すごく頑張っています。

だから、こんなときぐらい
ちょっと肩の力を抜いて
自分の気持ちに正直になって
思い切って周りに甘えてみませんか。
口に出して言ってみませんか

今は不安だから側にいてほしい
ただ話を聴いてほしい
家事をやりたくない
仕事を辞めたい
ほんとはなにもせず一日中寝ていたい
もう介護はしたくない
ドライブに連れて行ってほしい
あそこに行ってみたい
あれを食べたい

前を向くまでに時間がかかるかもしれません。
でもあなたのペースでいいんです。

なんなら、「絶対に前を向かないといけない。」
わけでもないんです。

同じぐらいの病状のひとがハツラツと
しているのに自分だけ前を向けなくても
それでいいんです。

あなたにはあなたのペースや思いがあります。

だから、今、不安でこわくてしんどくて
前を向けなくて、自分を責めていても、
そんな自分を責めないで
今の自分を受け入れてあげてください。

あなたなら、きっとだいじょうぶです。

Posted 足立信子 : 14:40 | 乳がんを受け入れられなくても無理に前を向かなくていい |

Page Top