PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2020年2月26日

怒ってもいいよ。

ほんとは、怒ってるのに、平気なフリを続けてると、
自分の感情が分からなくなるよ。

これぐらい、大人だから平気だよって、
見てみぬフリをしても、だんだんたまってくる。

怒るのはいけないことって、ずっと思ってきたひとは、
特に気にしてみてほしい。

子供のとき、親や養育者が不機嫌でイライラして、
その影響を受けたひとは、自分がつらい思いをしたから、
周りに同じよう思いをさせたくなくて、怒りを抑え込んでしまう。

ほんとは、嫌だったけど、言うと相手を困らせてしまう。

ほんとは腹が立ったけど、場の雰囲気が悪くなるなら、
我慢しよう。

ほんとは許してないけど、これぐらい我慢しておこう。

もっと、怒っていいよ。
もっと腹を立ててもいいよ。
ムスッとしてもいいよ。
許したくないなら、許さなくていいよ。

まじめで、場の空気を読んで、周りがうまく回るように、
いつも気を配って、頑張ってるひとこそ、
たまには暴言はいてみて。

すごくスッキリするよ。

人間だもの、色んな感情があって当然。

喜怒哀楽、ぜんぶあっていい。

怒 だけ、あっちゃいけないことなんてない。

怒る自分もいて、当たり前。

自分のために、怒ろう。

怒ることって、自分の感情に気付いて
あげられてる証拠。

普段、あんまり怒らないひとや、
怒るのは悪いことって思ってるひとは

まず、ひとりのときに、暴言はいてみよう。

誰かに聞かせる訳じゃないので、洗いざらい気の済むまで。

これやってみると、笑えてくるよ。

「うっわ〜、私ってほんとはこんなこと思ってたんや!?」って。

「ひっどい奴やなぁ。」って。

でもね、それって自分を大事にしてるから、
出てくることば。

自分が傷付かないように、つらい思いをしないように、
自分を守るために、出てきてるもの。

できれば、傷つきたくないし、嫌な思いもしたくないもんね。

自分を愛してる証拠。

これからは、怒る自分も仲間に入れてあげよう。

Posted 足立信子 : 10:32 | 怒ってもいいよ。 |

Page Top