PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年1月30日

幸せになることを自分に許可してあげよう

今月は私の住む地域に沢山の
雪が降りました。最終的には
腰の高さぐらいまで積もりました。

前から地元に住んでいるひとに聞いても
これだけ多いのは珍しいそうです。

ここ数日でなんとか埋まっていた車を
掘り出すことができて、今日はいつもの
お気に入りの図書館に行ってきました。

窓から外を見ていると、お日さまの
あたたかさで屋根に積もった雪が融けて
細いしずくになって落ちてきていました。

その向こうには青空が広がっていて、
垣根や家の屋根に積もった雪との
コントラストがとてもきれいで、

本を読む手を休めてボーっと
それを眺めていました。

そして、「あ〜、なんて幸せなんだろう。」と
しみじみと思いました。

私はこういう時間を過ごすことがとても
好きです。

もちろん私も人間なので(笑)、
色々と悩みはあります。

泣いたり怒ったりすることもあります。

でも、ふと思ったのですが、なんで人は幸せだと
思う方向に行かないで、わざわざしんどい方を
選択してしまうことがあるんだろう、と。

もちろん自分も含めて。

みんな幸せになりたいと思いながらも
ややこしくなる方を選んでしまうのは、
なぜなのかな、って考えました。

で、ひとつ思ったのは、怖いのかな、と。

幸せになるのが怖い。
こんな自分が幸せになってはいけない。
自分だけが幸せになってはいけない。

自分が幸せになることを止めている
何かが心の中にあるんじゃないかな、
と思ったのです。

理由はきっと人それぞれだと思います。

幸せになると周りから叩かれる。
色々言われる。

だから、不幸ぶってるほうがいい、
とか。

幸せになることを自分で拒否する
メリットが何かあるのかな、と思いました。

幸せになってもまた不幸になるのが
怖いとか。

でも、幸せって全然完璧なものではなくて、
幸せでも、嫌な思いや、痛い思いや悲しい
ことや、つらいこと、腹の立つことなんかも
あって当然だと思うのです。

幸せってつらいことや、嫌なことが何も
ない完璧な状態じゃない、と私は思うのですが
いかがですか。

そしてそのうえで、あなたが思う幸せって
どんなカタチですか。

それはあなたにしか分かりません。

人に非難されようと、怒られようと
嫌われようと、自分の思う幸せなカタチに
自分を持って行ってあげることが
自分が幸せになる近道だと思うのです。

あなたはそもそも幸せになっていいんです。

誰かに何か言われることや、色々なよくない
想像でそれを止めていませんか。

自分が幸せになることをそろそろ許可して
あげましょう。

あなたはもう幸せになっていいんです。

Posted 足立信子 : 16:51 | 幸せになることを自分に許可してあげよう |

Page Top