PAGE TOP

ココロを軽くする話

話を聴くプロ☆心理カウンセラーのブログです。

2017年1月4日

拗ねシェルターから飛び出しませんか。

今年は酉年ですね。

鳥。

大空を自由にはばたく。

気持ちよさそうですね。

***

最近、色んな本を読んでいて
ひっかかったのが、
「拗(す)ねる。」という
キーワードです。

拗ねてる時って

「どうせうまく行くはずがない。」
「私なんかに出来る訳がない。」
「どうせあの人みたいに出来ない。」
「頑張ってもきっと途中で嫌になる。」
「どうせ私は嫌われている。」
「どうせ言っても無駄。」

なんだかマイナスなイメージが膨らみま
せんか。

でも、それってホント?

もしかしたら、やってみたらうまく行くかも
しれないのに、最初は出来なくても続けて
いる内に出来るようになるかもしれないのに、
きちんと伝えたら分かってくれるかもしれない
のに、

最初から拗ねてあきらめて、
自分の好きなことややりたいこと、
言いたいことをやらず言わず、不平不満を
胸に溜めて

人を羨ましがったり、妬んだりして
余計にモヤモヤしたり・・・。

別に嫌われてる訳じゃないのに
自分で勝手にそう思い込んで
拗ねて誰にも心を開かず、
助けも求めず一人で頑張って
誰にも助けさせないで、
余計に孤立してしまったり・・・。

あなたの周りには、きっとあなたを
助けたがっていて、あなたの役に
立ちたいと思っているひとが
たくさんいます。

役に立たせてあげましょう。

助けてほしいときは、思い切って
素直に「助けて。」って言ってみましょう。

もし、思い当たるフシがあるなら
あなたがうまく行かない原因のひとつは
「拗ね」かもしれません。

人って、本当はは優しいんです。
あなたが思うほどひどい人ばかり
じゃないんです。

だから、今年は思い切ってその
「拗ねシェルター」から飛び出しませんか。

自分の思うように羽ばたいてみませんか。

そのシェルターは、今まであなたを守って
くれていました。あなたが嫌な目に合わないように
傷付かないように。

「拗ねシェルター」に逃げ込んでいれば、
安全です。

でもシェルターは、緊急避難や一時避難を
するところ。危険が去ったらもう出てきても
だいじょうぶ。

もうだいじょうぶ。

そこから出ると、もっと自由で楽しい世界が
あります。

まずは自分の気持ちに正直になってみま
せんか。

本当はどうしたいのか。
何をしたくて何をしたくないのか。

人の目、他人の評価で判断するのではなくて
あなたが本当に心地よいのは何なのか。

肩の力が抜けて楽なのはどちらなのか。
ワクワクしてテンションがあがるのは、
どっちなのか。

そしてそれを少しずつ行動に移して
みてください。

最初は怖いけどだいじょうぶ。
ひとつでもやってみると、きっと
今まで感じたことのない、清々しい
気分になると思います。

今まで無理して我慢してたのは
なんだったんだろうって。

あ、私ホントはこうしたかったんだって
気付くかもしれません。

あほらしくなって、笑ってしまうかも。

だから、この酉年のタイミングで、思い切って
拗ねシェルターから飛び出してみませんか。

Posted 足立信子 : 15:42 | 拗ねシェルターから飛び出しませんか。 |

Page Top