自分をしあわせにする たったひとつの方法

おはようございます

 

今日はいいお天気ですね

 

外では 鳥のさえずりが聞こえます

そういえば 田植えが終わった田んぼでは

サギが虫をさがしているのか

水面をついばんでいる姿を見かけます

 

人間以外のいきものが いきいきとしている姿をみると

なんだかうれしくて ゆたかな気持ちになります

 

そして サギを観察してみると

何羽かで行動しているものもいれば

単独で行動しているものもいます

 

見た目に大きさの違いは感じませんが

子どもと親?なのか 仲間なのか?

単独でいるのは 独り立ち?した成鳥なのか?

 

分かりませんが もしかしたら

鳥の世界にも

単独が好きな個体と 群れでいるのが好きな

個体がいるのかな と妄想したりします

 

そして 単独でいる個体を応援したい気持ちになります

 

投影ですね

 

さてさて 今日のお話は

「自分をしあわせにする たったひとつの方法」

です

 

いつものように 答えからいいますね

 

それは

「じぶんの欲していることを 叶えてあげること」

 

これには 2パターンあります

 

1つ目は

やりたいことを やらせてあげる

 

2つ目は

やりたくないことを やらせない

 

両方です

 

言われてみると 

「な~んだ そんなことか」と思いますよね

 

でも あらためて考えてみると どうでしょう

 

やりたいこと やらせてあげてますか

やりたくないこと やらせてませんか

 

社会で暮らしていくうえで 

現実的には

完璧はむずかしい

 

だから 

できること

できる範囲 だけでOK

 

体調が悪いのに ムリして掃除をしたり

いつもどおり 料理をしたりしてませんか

 

ほんとはあのスイーツが食べたいのに

ずっと がまんしてませんか

 

たいそうなことでなくてOKです

 

日常のささいな ちいさな ちいさなことから

じぶんの欲を叶えてあげましょう

 

こういう小さな欲をためこみ続けると

まったく別の場面で ふとしたときに

爆発します

 

じぶんでも「こんなことで!?」って

びっくりするほど ささいなことで怒りがわいて

抑えられなくなります

 

「なんで?」と戸惑いますが

ムリもありません

 

実は

目の前のことはただの引き金なんです

 

溜まりに溜まった「したい」「したくない」が

限界にきて たまたまそのきっかけで

爆発したのです

 

ちいさながまん もうそろそろ

やめませんか

 

やめるために大事なことは

まずは じぶんの 状況や気持ちを

伝えること

 

相手と揉めてしまわないか

不安になることもあるかもしれません

 

それなら やっぱり我慢しようか

やってやれないことはないし

と思うかもしれません

 

でも これからは じぶんのために

少しだけ勇気をだしませんか

 

たしかに 少しはもめるかもしれません

 

今 ふと思いましたが

「もめる」と「話し合い」って

かさなる部分がありますね

 

もめて 話し合って

はじめてお互いの思っていたことが分かることも

 

こわいまま 不安なまま

じぶんの欲をかなえてあげましょう

 

そうすれば幸せを感じる時間が増えて

じぶんにも周りにも 優しくなれますよ

 

2024年05月14日