ブログ

ちょっとひと息しませんか

ブログ一覧

今日は何の日?ヒントは伊能忠敬

今日は何の日でしょう?

ヒントは 伊能忠敬(いのう ただたか)

 

聞いたことありますよね

小学校で習うのかな

 

正解は

「地図の日」です

 

この日 伊能忠敬が蝦夷地(北海道付近)の

測量に出発したことにちなんで

制定されたそうです

 

測量は 幕府からの資金援助があまりなく 

器具や旅費のほとんどを

自費で賄ったそうです

 

驚くのは その測量方法

 

ご存じの方も多いと思いますが

なんと「自分の歩数」をもとに

距離を計算

 

伊能忠敬の歩幅は約69cm

 

まさに一歩一歩 歩いて測量

 

さらに驚くのは 完成した日本地図に

誤差はほとんどなく きわめて

正確だったそうです

 

いや~ すごいですよね!

 

昔のひとは 今みたいに

便利な道具や機械がないなか

体と知恵を使っていたんですね

 

少し話は変わりますが

私は落語が好きで

時代劇も好きです

最近 なかなか見る機会がありませんが

 

好きな理由は色々あるんですが

落語の世界は優しいんです

 

ちょっと おっちょこちょいのひとや

どちらかというと 器用ではないひと

ぼーっとしてるひとがいても

のけ者にせず 輪の中にいれてあげるんです

 

そこから話がひろがっていきます

 

あくまで「お話」なので

現実は 身分差別とか今より厳しい側面も

たくさんあったと思いますが

 

というわけで

新年度がはじまって3週間

 

新しい生活はいかがですか

そろそろ 疲れが出てくる頃です

 

この週末は 自分を特別に甘やかして

とびっきり いたわってあげましょう♪

 

あなたは 何して過ごしますか

 

募集中のものはこちらから↓

【春3月~5月限定】「散歩deカウンセリング」

 

 

2024年04月19日

たまらなく欲しかったもの

わたしが子どもの頃から

たまらなく 欲しかったもの

それは「居場所」

 

ネットを見ていたら

この記事が目にとまりました

 

【あなたの居場所は? 「安心できる場所」「自分を支えるもの」「自分自身」】

(朝日新聞Reライフプロジェクト)

 

子どもからお年寄りまで

「居場所」に対する思いや価値観はさまざまで

なかには

「居場所を意識することに意味があるように思えない」

という声も

 

「あなたの居場所は?」

のアンケートには 

職場や地域コミュニティーなどの「場所」以外に 

家族や友人などの「人」を あげている割合が高いのが

印象的でした

 

中でも 目からウロコだったのが

「自分自身」と答えたひとが40%もいたこと

 

「あ 自分自身が居場所でもいいんだ」と

気持ちが楽になりました

 

ちなみに

「居場所がほしいですか」という問いに対しては

「ほしい」

「ほしくない」

それぞれ何%ぐらいだと思いますか

 

答えは

「ほしい」88.4%

「ほしくない」11.6%

 

「ほしくない」と回答したひとは

どんな思いをもっているのか

とても興味があります

 

ひとは 

子どもの頃に満たされなかった思いを

取り戻したくて 感じたくて行動する

と言われています

 

また

「分かってほしかったことを 今も分かってほしくて」

という場合もあります

 

愛されたかった

周りからすごいと言われたかった

きれいな服をきたかった

かわいいねって言われたかった

美味しいものを食べたかった

色んなところに出かけたかった

 

そのひとを突き動かしているエネルギーの根源

 

今のあなたの行動は

「どんな気持ちを感じたくて」やっているのでしょう

「目の前の相手を使って どんな気持ちを感じたいのでしょう」

 

無意識ですけど これ実はラスボスです

 

私はやっぱり愛されない?

大事にされない?

しあわせには なれない?

 

でもその裏には

愛されたい!

大事にされたい!

しあわせになりたい!

という思いがあります

 

じゃあ どうすればいいのか

こたえは 簡単です

 

自分でそれに気付いて

健全な方法で満たしてあげるんです

 

ここで ひとつ コツがあります

 

ひとは 「自分の思い込み」で世界を作っています

 

たとえば

「自分は愛されない 周りに大事にされない人間だ」

と思っていると

 

「自分は愛されない人間だメガネ」をいつも かけています

 

すると 

見るもの聞くもの言われたことなどから

「愛されていない証拠」を集めだします

 

たまたま 相手の機嫌が悪かったっり

忙しかったり 体調が悪かったり

たまたま 愛想がよくないタイプのひとだったり

雑なひとだったりしたときでも

 

「ほら やっぱりわたしは嫌われている」

「ほら 大切にしてもらえない」

「ほら...」

って 証拠を集めはじめます

 

ほんとはどうか 分からないのに

 

じゃあ どうすればいいか

まずは「メガネ」をかけていることに

に気付くこと

 

その「メガネ」 どんなメガネですか

それって 絶対ですか

ほんとのほんとですか

100%ですか

(責めてないですよ)

 

ためしに いったん そのメガネを

外してみませんか

 

ちょっと怖いかもしれないけど

 

そして もし今度

「ほら...」って感じる場面があったら

色んな可能性を考えてみてください

紙に書き出してみるのもおススメです

 

機嫌が悪かった

体調が悪かった

心配事があって余裕がなかった

そもそも ぶっきらぼうな人だった

 

あ もし

「ほんとに嫌われてそうだな~」と感じても

安心してください

 

そういうときは 

「嫌う相手の方に理由がある」ので

 

だって 極端に言うと

あなたが全人類から嫌われるって

ありえないですよね

 

人間はだれでも

「思い込みメガネ」をかけています

いいものも そうでないものもあります

 

もし あなたが苦しくなることが多いなら

いちど時間をとって日常から離れて

自分と向き合ってみてください

 

あなたはどんな「メガネ」かけていますか

まずは 気付くことから始めてみませんか

 

募集中のものはこちらから↓
【春3月~5月限定】「散歩deカウンセリング」

 

2024年04月18日

春雷&芽吹き&つつじのつぼみ

昨日のよるは

はげしい雷とあめに

おどろきました

 

まさに「春雷(しゅんらい)」

寒冷前線が通過するときに起こるようです

 

昔のひとは 季節ごとにあらわれる

気象の変化を言葉にしていて

ことばの選び方や感性が素敵で面白いなと思います

 

さて 黄砂がやってきましたね

目がくしゅくしゅするし

朝の散歩を迷いましたが

マスクをしていってきました

 

先週 楽しんだ桜は 花が散っていましたが

きれいな緑色の新芽をだしていて

 

ほかにも裸だった木が

空にのびあがるように

黄緑色の芽を枝いっぱいにつけていて

それが陽をうけて いっそうあざやかで

みているだけで すがすがしくて

むくむくと わたしも元気をもらいました

 

足元に目をむけると

つつじが もうつぼみをふくらませていて

びっくり

 

いつも車で通る道沿いでは

毎年 きれいに咲くチューリップが

今年も満開を迎えていて

「春だな~🌷」

とうれしい気持ちになります

お手入れしてくださっている そのおうちの方に

感謝です

 

今 実は生理前で ちょっとしたことにイライラしたり

いつもなら流せることも 気にし過ぎたりする時期です

 

この時期は 「幸せホルモン」といわれる神経伝達物質

「セロトニン」がうまく働かなくなり

 

気分を落ち着かせたり不安感を取り除くことも

いつもより低下します

 

なので 

「今は そんな時期」

「きたきた」

「セロトニンがうまく働かないならしょうがない」

「不安になるのもしょうがない」

「引きずってしまうのもしょうがない」

そんな風に 言い聞かせています

 

ちょっとしたことで ストレスをためて

「甘いものでも」と 手がのびがちになりますが

この時期は 食べていいことにしています

 

めんどくさいこと

やりたくないこと もあります

 

でも ちょっとしたことなら

「あ~めんどくさ」

「うわ~やりたくないな~」

と ぼやきながら やっちゃいます

 

一日をどんな気分で過ごしたいかに立ち戻ると

「やることやって 好きなことしよう」とか

「嫌なことを考え続けてたら 今日一日が

まるまるいやな気分で終わっちゃう」と思い

「そんなのもったいない いやだ~」となります

 

どうしようもない日もありますが

そんなときは

「あ~こんな日もあるよね」と

魔法の言葉をつぶやき 考えすぎないようにします

 

悩みに生活のすべてがおおわれていたときは

「今日も明日もあさっても ずっとこの気分が

続くんだ」と暗い気持ちで過ごしていました

 

でも 今は 違います

 

「そんな日もある」と

日を区切って考えられるようになりました

 

その日その日を 心地よく機嫌よく過ごすことを

心がけて なるべく 行動にうつす

 

「そんな日」は「そんな日」だと割り切って

翌日に引きずらない

 

昔は

「そんなん言っても 嫌なことはなくならないし

いいことばっかりじゃないやん」

「一日ぐらい気分よく過ごしたって

また 嫌なこと起こるやん」

そう思っていました

 

でも「そんな日」をその日限りにして引きずらなくなると

あくまで「その日は」「そんな日だった」と

割り切れるようになりました

 

遠くの理想を追って 手に入らなくて

苦しくなるなら

 

今 目の前にあるものやひとに感謝して

こうしてブログを書いたり 本を読んだり

散歩したり ゆったり過ごすのが

今は しみじみ しあわせです

 

まあ とは言え イライラして

「ムキ~!」となるときも

普通にありますが

 

人間だもの

 

あなたは どんな風に過ごしているときに

しあわせを感じますか

 

少しずつ その時間を増やしてみませんか

 

今日もあなたがあなたらしく過ごせますように

ここから勝手に応援しています

 

今日も生きていてくれて

ありがとう

 

募集中のものはこちらから↓

【春3月~5月限定】「散歩deカウンセリング」

 

 

2024年04月17日

ことばを消化できるタイミング

ことばを消化できるタイミングは

ひとそれぞれ

 

今日かもしれないし

明日かもしれない

一年後かもしれないし

10年後かもしれない

 

もしかしたら

死ぬ間際かもしれない

 

頭で分かっていても

なかなか飲み込むことができないこと

ありませんか

 

アドバイスをもらったり

本を読んだりしても

な~んか ピンとこなかったり

言ってることは分かるんだけど

しっくりこない

腹落ちしない こと

 

そういうときは

まだ あなたの「タイミング」では

ないのかもしれませんね

 

「アドバイスをもらったり本を読んでも

すぐに忘れてしまう」 という声を

お聞きすることがあります

 

いったん忘れてもいいのでは?

と私は思います

 

もちろん「覚えておきたい!」「実践したい!」

という場合は

 

メモして 手帳に挟んでおいたり

目につくところに貼っておいても

OKです

 

でも

「覚えてなきゃ」

「忘れないようにしなきゃ」

って 気持ちがそこに縛られてしまうなら

いったん 忘れてもだいじょうぶ

 

私たちの脳は賢いので

必要な場面がくれば 記憶を取り出してくれます

 

脳には 記憶をつかさどる「海馬(かいば)」が

あります

 

日常的な出来事は 海馬にいったん記憶され整理されたあと

また別の「古い記憶」をためる部位にファイルされます

 

あなたもこんなことありませんか。

 

「あ そういえば前に何かで読んだ気がする」 

「なんだったっけな~」

「そうそう あの本に書いてたような」

 

なので そのときそのときで気になったものを

読んだりやってみるだけでも充分です

 

忘れたころに

「あ まえに聞いたのはこのことか」

「こんな感じかな」

って ふと消化できるタイミングがきます

 

あせらず あなたのタイミングでだいじょうぶ

 

明日は黄砂が多いそうですね

目がクシュクシュしそうだ~

 

募集中のものはこちらから↓
【春3月~5月限定】「散歩deカウンセリング」

 

2024年04月16日

悩みがじぶんのすべてになりそうなときは

あまりにも悩みが深く大きいと

圧倒されて その悩みに

覆われてしまうときがあります

 

悩む時間が増えれば増えるほど

あなたのなかで その悩みは

存在感を増して

「悩みがあることが当然」な状態に

なることも

 

悩むことは 悪いことではありません

 

でも 何も手につかなくなったり

一日の中で そのことが頭をずっと

離れない日が続いているなら

少し時間をとって 向き合ってみる

タイミングかもしれません

 

その悩み あなたにとってどんな重みがありますか

 

悩みは なんとかしようと思っても

物理的に 今は なんともできないものもあります

 

時間が経って 状況が変われば

自然と解消するものもあります

 

相手があることなら あなたが意見を言ったとき

もしかしたら

多少の衝突があるかもしれません

 

今まで「意見を言って揉めるぐらいなら

これぐらい 我慢できるし我慢しとこう」

 

そう思ってきた人ほど

意見や思いを伝えるのは

エネルギーがいります

 

「それなら やっぱり 今回も

我慢しとくか」

 

それも ひとつの方法です

 

大事なことは その結果 

あなたがどんな気持ちになるか です

 

たとえば 職場でも家庭でも地域でもいいんですが

やりたくない作業をふられそうになったとき

 

他でできるひともいるのに

いつも 自分のところにまわってくる気がする

 

断るか断らないか

以外にも

 

あなたのそのときの状況によって

色んなパターンを選べます

 

「他の作業があるので今回はできない」

「全部はムリだけど一部分ならできる」

「今の作業が終わって時間があればできる」

「明日ならできる」

 

前にも書きましたが

あなたがやっていると 相手は

「やってくれてるし だいじょうぶなんだな

また 何かあったらお願いしよう」と

インプットします

 

あなたが困ってそうでも

はっきり言葉で伝えないと

伝わらない可能性が高いです

 

自分のことは自分で守りましょう

 

自分を不快な状態なままにしておくのは

少し厳しい言い方になりますが

「じぶんへの虐待」です

 

虐げられるような環境に身を置き続けている

存在を認められない 尊重されない人間関係を

続けている

不快に感じている環境を改善しようとしない

 

これらを漫然とつづけていると

感情も感覚も麻痺し

最後には行動を起こす意欲も失います

 

あなたの「不快」放置していませんか

 

自分が心地よく生きられるよう

ほんのすこし 動いてみませんか

 

すぐに劇的に状況を変えるのは

むずかしいかもしれません

 

でも これを読んで何かを感じたなら

あなたも うすうす感じていたということ

 

小さなことから できることさがしましょう

 

あなたにも わたしにも しあわせに生きる権利があります

その権利 使いましょうよ♪

 

募集中のものはこちらから↓

【春3月~5月限定】「散歩deカウンセリング」

2024年04月15日
» 続きを読む