だれかの期待を満たすためにいきているのではない


わたしたちは

 

だれかのためや

だれかの夢をかなえるためや

だれかの期待を満たすために

いきているのでは ありません

 

申し訳なさや罪悪感を感じて

それを償うために生きているのでは

ありません

 

小さなころなら

「親は 自分にどんな振る舞いを

期待してるだろう」

 

職場なら 上司として

家庭では 配偶者として 親として

プライベートでも 友人として 知人として

 

相手や環境は

じぶんにどんな振る舞いを期待しているだろう

 

そう考えて動くことは 悪いことではありません

 

でも あまりにも苦しくなるなら

いちど 立ち止まってみてください

 

あなたが思っている「相手は 私にこうしてほしいと

期待しているだろう」という それ

 

ほんとにそうですか

 

ほんとに 相手はそこまで求めていますか

いちど 聞いてみましょう

 

もしくは なんで 自分がそこまでして

相手の期待を満たそうとしているのか

じっくり考えてみましょう

 

誰かの夢を叶えるためや

誰かの期待を満たすために

自分を殺す必要は ありません

 

窮屈に感じるなら

それは じぶんからのサインですよ

 

2024年06月07日